自筆証書遺言の誤記を訂正したいのですが、簡易な方法で訂正するにはどうすればいいですか

投稿者: | 2019年1月24日

自筆証書遺言の誤記を訂正したいのですが、簡易な方法で訂正するにはどうすればいいですか

 自筆証書遺言中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更
の場所に印を押さなければ効力を生じません。しかし、自筆証書中の証書の記載自体からみて明らかな誤記の訂正については、遺言者の意思を確認するについて支障がないものであるから、遺言の効力に影響を及ぼすものではないと解するのが相当でとされます(最高裁昭和47年3月17日 民集26巻2号249頁)。
 また、遺言者が書損じた文字を抹消したうえ、これと同一又は同じ趣旨の文字を改めて記載したものであることが、証書の記載自体から
みて明らかな場合には、当該自筆証書遺言が無効となるものではありません(最高裁昭和56年12月18日 民集第35巻9号1337頁)。
 もっとも、これらの判例は単なる誤記の訂正という前提における判断であるので、簡易な方法で訂正するのはお薦めできません。

投稿者プロフィール

古橋 清二
古橋 清二
昭和33年10月生  てんびん座  血液型 A
浜松西部中、浜松西高、中央大学出身
昭和56年~平成2年 浜松市内の電子機器メーカー(東証一部上場)で株主総会実務、契約実務に携わる
平成2年 古橋清二司法書士事務所開設
平成17年 司法書士法人中央合同事務所設立
カテゴリー: 不動産登記 相続
古橋 清二

古橋 清二 について

昭和33年10月生  てんびん座  血液型 A 浜松西部中、浜松西高、中央大学出身 昭和56年~平成2年 浜松市内の電子機器メーカー(東証一部上場)で株主総会実務、契約実務に携わる 平成2年 古橋清二司法書士事務所開設 平成17年 司法書士法人中央合同事務所設立

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)