司法書士紹介

当事務所の資格者を紹介します!

古橋清二(ふるはしせいじ 司法書士・行政書士)


DSCN1191 昭和33年10月生  てんびん座
血液型 A 
浜松西部中、浜松西高、中央大学出身

経歴
昭和56年~平成2年

浜松市内の電子機器メーカー(東証一部上場)で株主総会実務、契約実務に携わる
平成2年
古橋清二司法書士事務所開設
平成17年
司法書士法人中央合同事務所設立

役員
静岡県司法書士会理事

日本司法書士会連合会中央研修所所員
日本司法書士会連合会消費者問題対策推進委員会委員長
静岡県司法書士会副会長
日本司法書士会連合会多重債務問題対策委員
静岡県多重債務対策会議委員
日本司法書士会連合会執務問題検討委員(現任)
静岡県司法書士会浜松支部副支部長
静岡県司法書士会綱紀調査委員長
静岡県司法書士会浜松支部支部長
静岡県司法書士会副会長(現任) 等

著書
『クレジット・サラ金被害者救済の実務』

(共著・民事法研究会)
『詳解消費者破産の実務』
(共著・民事法研究会)
『司法書士始末記』
(共著・日本評論社)
『全訂増補版 消費者被害救済の上手な対処法』
(共著・民事法研究会)
『登記簿で「危ない取引先」は見分けられる』
(編著・こう書房)
『資本金1円からの有限会社・株式会社のつくり方』
(こう書房)
『個人民事再生の実務』
(共著・民事法研究会)
『不動産登記の見方&申請事務の手引』
(共著・民事法研究会)
『注釈 司法書士倫理』
(共著・日本加除出版)
『家族の絆を深める遺言書の作り方』
(日本地域社会研究所)
『司法書士のための破産の実務と論点』
(民事法研究会)
ほか 

my kitchen garden

有機肥料と本人訴訟支援

有機肥料と本人訴訟 支援我が家では、基本的に、ごみの日に生ごみを出すことはない。それは、生ごみはコンポストで有… 続きを読む »

コメントなし

真っ直ぐ線を引けるか?

 畑で畝を真っ直ぐ作るのはなかなか難しい。まず、耕耘機で耕すのだが、真っ直ぐ進んだつもりでも振り返ると曲がって… 続きを読む »

コメントなし

大根十耕と新人研修

 大根十耕とは、「大根の種を蒔く前に土を十回耕せ」と言う意味です。 大根のような根物は、土の塊や石などがあると… 続きを読む »

コメントなし

my kitchen gardenの投稿一覧はこちら

 

 

神谷忠勝 (かみやただかつ 司法書士)


 今年40歳になりました。学生時代、私は、陸上部に所属しておりましたが、自信をもって「打ち込んでいた」と、言えるほどでは全くなく、勉強もほどほどに、部活動をしながら普通の学生生活を送っていました。
 ただ、陸上競技自体は本当に好きで、スタート前、コース上に出たときの緊張感と、走り終わった後の開放感がたまらなく気持ち良かったです。
 放送はあまりありませんが、陸上競技を見る事も好きで、たまに放送しているものを見られたりすると当時を思い出して血が騒ぎます。
 最近の一番の趣味はダイビングです。家の近くにダイビングショップがあり、気にはなっていたのですが、知らないショップだという所に少し抵抗があったので、なかなか入れないでいました。
しかし、そのショップのオーナーと、前の会社で一緒だった人が同級生だということがわかった後は、スムーズで、ライセンスを取り、2か月に1~2回海に行っていました。
 そして、去年の1月には沖縄にダイビング旅行に行ったりもしました。試験が7月頭だったので、ちょうど半年前くらいですね。試験、受かって本当に良かったと思っています。

 今は仕事のペースが掴めず、週末はほぼ休むことにしか使えていませんが、ペースが掴め、週末に余裕ができてきたら、また伊豆にでも潜りに行きたいと思っています。
 そんな私が「司法書士を目指そう!」と、思い立ち、法律の勉強を始めた時は、既に30歳をとうに超えていました。それまで法律の勉強は何もしたことがなく、最初は教科書を読んでいても何を言っているのか、さっぱりわからなかったことを覚えています。それでも、なんとか働きながらの勉強を続け、受験回数は7回目、平成29年度の司法書士試験に合格することができました。
 集合研修で出会った同期の合格者は、やはり自分よりも若い人が多く、既にだいぶ出遅れている感がありました。

 今年の5月からは中央合同事務所に勤務させてもらっています。
 私は、実地研修もここ、中央合同事務所で受けさせてもらったのですが、研修期間も含めると、今4か月くらいになります。
 今は、試験に合格するために積み重ねてきた教科書の知識を実務で発揮できる喜びと、教科書の知識では全く歯が立たない実務の難しさ、厳しさを感じております。

 私は、この仕事につく前、自動車関係の某工場で品質管理の仕事をしておりました。全く違う業種からの転職であり、毎日戸惑うことが多い訳ですが、皆様にご迷惑をお掛けすることのないように、日々緊張感を持って職務にあたり、勉強を欠かさないようにしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

司法書士の世界を覗いてみよう!

借金問題は命の問題だ (浜松支部事例検討会)

 静岡県司法書士会浜松支部は、法テラスカード普及活動のひとつとして、福祉等との連携を模索する事例検討会を開催し… 続きを読む »

コメントなし

障子を開けてみよ、外は広いぞ

障子を開けてみよ、外は広いぞ  「世界のトヨタ」の源流、豊田佐吉は慶応3年に今の静岡県湖西市に生まれた。第一次… 続きを読む »

コメントなし

ブレーンストーミング 抵当権抹消の巻

ブレーンストーミング 抵当権抹消の巻 過去、浜松支部の支部通信に寄稿した問題。 【事例】  X所有の建物に、昭… 続きを読む »

コメントなし

「民法918条2項にもとづく相続財産管理人の活用(実践編)」が「市民と法」に掲載されました。

「民法918条2項にもとづく相続財産管理人の活用(実践編)」が「市民と法」に掲載されました。  「市民と法」と… 続きを読む »

コメントなし

認定司法書士の登記原因は「法務大臣認定」

 当事務所の神谷忠勝司法書士が、9月3日に簡裁訴訟代理の考査に合格し、晴れて認定司法書士になりました。  そこ… 続きを読む »

コメントなし

司法書士の裁判関係業務の現状とこれを巡る諸問題 「市民と法」56号(2009年4月)より

司法書士の裁判関係業務の現状とこれを巡る諸問題    ~債務整理業務を中心として~ 1.はじめに  平成14年… 続きを読む »

コメントなし

6時間で6万円のセミナーに自主参加して、研修義務化にますます疑問

6時間で6万円のセミナーに自主参加して、研修義務化にますます疑問  15日、東京の永田町で6時間6万円のセミナ… 続きを読む »

コメントなし

有機肥料と本人訴訟支援

有機肥料と本人訴訟 支援我が家では、基本的に、ごみの日に生ごみを出すことはない。それは、生ごみはコンポストで有… 続きを読む »

コメントなし

「最近の若い奴らときたら・・・」? いや、そうではないかもしれない

「最近の若い奴らときたら・・・」? いや、そうではないかもしれない  9月3日の平成30年度簡裁訴訟代理等能力… 続きを読む »

コメントなし

平成30年度考査の結果発表

 昨日、平成30年度簡裁訴訟代理等能力認定考査の認定者の発表があった。この考査で認定された司法書士は、簡裁訴訟… 続きを読む »

コメントなし

釈迦に説法

2006年10月15日 のブログネタです。当時のサラ金・ヤミ金問題の様子が蘇ります。   ネクタイ姿の人を相手… 続きを読む »

コメントなし

そのとき、会議室は凍り付いた

「司法書士の古橋と申します。早速ですが、抹消書類を確認させてください」 今日は何度この言葉を口にしただろうか。… 続きを読む »

コメントなし

杉山陽一を男にする

杉山陽一を男にする  タイトルを見て、杉山陽一新会長は女だったのかと思う方はいないと思うが、副会長就任にあたっ… 続きを読む »

コメントなし

時代に翻弄される人たち

時代に翻弄される人たち (これは、平成27年6月29日に開催された静岡県司法書士会は浜松支部の人権委員会で当事… 続きを読む »

コメントなし

293人の奇跡

293人の奇跡 (これは、代議員として日本司法書士会連合会の定時総会に参加した際の手記であり、静岡県司法書士会… 続きを読む »

コメントなし

再会

再会  ある上場企業の会議室。本社を移転するための不動産の決済である。地権者である売主が多数集まり、会社側の関… 続きを読む »

コメントなし

覚悟

   去る3月2日、静岡商工会議所静岡県事業引継ぎ支援センターを訪問した。同センターと静岡県司法書士… 続きを読む »

コメントなし

真相は闇の中

  真相は闇の中 東京から東北新幹線に乗り込んだ。隣に座った女性がお弁当の蓋を開け、一瞬固まったと思… 続きを読む »

コメントなし

「心配無用! 人生は依頼者が決めてくれる」 全国青年司法書士協議会 第48回全青司いばらき全国大会によせて 

心配無用! 人生は依頼者が決めてくれる  明日、全国青年司法書士協議会 第48回全青司いばらき全国大会が開催さ… 続きを読む »

コメントなし

考えてみれば、被告が50人もいたら訴状の送達に問題が生じるのは必然だった

 このところ、毎年のように、原告の代理人になり、10人から50人ぐらいの相手方を被告として訴訟を提起することが… 続きを読む »

コメントなし

「裁判官の裁量には勝てぬ」が不思議な事が起こるものだ

 被告らの中に判断能力が不十分と思われる方がいて、その親族からの報告書をもとに民事訴訟法上の特別代理人を申し立… 続きを読む »

コメントなし

古い登記の抹消登記手続請求訴訟は司法書士の専門性を発揮できる訴訟だ

 ここ数日、古い登記の抹消手続請求訴訟は相続により被告が大勢になり、いろいろなことが起きることを書いてきた。 … 続きを読む »

コメントなし

銀行にとっては小さなことかもしれないが、顧客にとっては大変な問題なんだ!

 十数年前に「登記情報」という雑誌にコラムとして書いたことあるが、同じ問題がまた生じている。検認を受けた自筆証… 続きを読む »

コメントなし

こんなこともあるわさ。のんびり行こう!

「○○町のAだけどね」  電話口の向こうで、声の感じから80歳は超えていると思われるその老人は、こう自己紹介を… 続きを読む »

コメントなし

佐久間現地訪問・・・生誕地へ

 実は、私の生まれは佐久間なんです。戸籍には出生地が記載されていますが、現在戸籍では市町村等の行政区画が記載さ… 続きを読む »

コメントなし

神谷忠勝です。よろしくお願いします!

 はじめまして。神谷忠勝(かみやただかつ)です。 今年40歳になりました。学生時代、私は、陸上部に所属しており… 続きを読む »

コメントなし