2021民法・不動産登記法改正を研究する 第1回 法制審議会第1回議事録を読んでみる

投稿者: | 2021年3月6日

 令和3年2月2日、「民法・不動産登記法(所有者不明土地関係)の改正等に関する要綱案」が閣議決定されました。そこで、それまでの法制審議会の議論、同審議会に提出された資料等を順次検討していきたいと思います。
 また、同審議会の議事内容、同審議会に提出された資料等を整理し、本ページ作成者の独断で、色つけ、アンダーライン、注記等の処理をした下記のページを更新中です。まだまだ十分に情報提供できていませんが、長い目で見守っていただけると幸いです。

http://司法書士法人中央合同事務所/2021minpou%EF%BD%A5fudousantouki-kaisei/

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

カテゴリー: 2021民法・不動産登記法改正を研究する
古橋 清二

古橋 清二 について

昭和33年10月生  てんびん座  血液型 A 浜松西部中、浜松西高、中央大学出身 昭和56年~平成2年 浜松市内の電子機器メーカー(東証一部上場)で株主総会実務、契約実務に携わる 平成2年 古橋清二司法書士事務所開設 平成17年 司法書士法人中央合同事務所設立

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)