「レジリエントに生きたい:余命宣告を受けた司法書士の生き様」が10月22日に出版されます

 当事務所の司法書士である古橋の病気のこと、司法書士としてやってきたことなどをまとめた「レジリエントに生きたい:余命宣告を受けた司法書士の生き様」が10月22日に民事法研究会から発刊されることになりました。

amazon予約サイトはこちら

民事法研究会予約サイトはこちら

若干お得な申込書はこちらからダウンロード

 

63歳で癌に罹患し余命宣告を受けた司法書士が辿り着いた境地とは?

 

本書の特色と狙い

・「今、僕は、僕の人生で最大の逆境に追い込まれている。もちろん、癌のことである。しかし、振り返ってみれば、僕はこれまで様々な逆境を乗り越えて、まさにレジリエントに(しなやかに)生きてきた。だから、ひょっとすると僕にとって最後となる癌という逆境も、レジリエントに乗り越えたいのである」(「はしがき」より)。

・依頼者のために日々奮闘する後輩たちに向けて、司法書士として生きた30余年で経験した出会いや別れ、苦しみや悦び、社会や家族との向き合い方をとおして辿り着いた、温かく、しなやかな生き方を教えてくれる好個の書!

 

本書の主要内容

第一章 余命宣告は突然訪れた
  1 落合の警鐘
  2 青天の霹靂
  3 1月31日という日
  4 淳ちゃん、おはよう
  5 余命宣告
第二章 癌と闘う
  1 なぜ癌になったんだ
  2 直接的な原因ではないかもしれないが
  3 新しい生活習慣への転換
  4 今、予約制なんだけど
  5 胃も肺もですが……
  6 ワクワクすることが大事なんだ
  7 癌の世界は消費者問題の坩堝だった
第三章 司法書士人生を振り返る
  1 鍾乳石の置物
  2 戦友からの手紙
  3 本当の得意分野は企業法務
  4 訴訟代理人は依頼者にストーリーを語らせよ
  5 サラ金問題との出会い
  6 クレサラ110番
  7 借金問題には命がかかっている
  8 ヤミ金に金を払わせる
  9 上場会社クレディア、遂に倒産
第四章 生きているって素晴らしい
  1 上島竜兵さんが亡くなった
  2 送迎バスメーカーも対策を! 子供の命を守れ
  3 生きているって素晴らしい
  4 空はアメリカまで続いている

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

古橋 清二

昭和33年10月生  てんびん座  血液型 A 浜松西部中、浜松西高、中央大学出身 昭和56年~平成2年 浜松市内の電子機器メーカー(東証一部上場)で株主総会実務、契約実務に携わる 平成2年 古橋清二司法書士事務所開設 平成17年 司法書士法人中央合同事務所設立

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)