借金問題は命の問題だ (浜松支部事例検討会)

投稿者: | 2018年11月14日

 静岡県司法書士会浜松支部は、法テラスカード普及活動のひとつとして、福祉等との連携を模索する事例検討会を開催している。本日は、その4回目、テーマは借金問題!

 講師兼進行役を任された私は、実際にあった事例を交えて借金問題の悲惨さ、そこに潜む本質的な問題を語り、また、法的解決方法を説明しながらいくつかの設問を出し、グルーブディスカッションをしてもらった。

 後半では、末尾記載のケースについて、法律的な観点、福祉の観点からお互いに意見を出し合ってもらったところ、今までになく積極的な意見がお互いに出て、非常に有意義な検討会となった。

 また、その最後には、「保護するためにいろいろな枠をはめるのではななく、本人の自立を促すような支援が必要なのでは?」という意見が出され、強く印象に残った。

今日、覚えて帰ってもらいたいことは次の2点

「借金問題は命の問題だ」

「借金問題は絶対解決できる」

++++++++++++++++++++

検討したケースは次のようなものである(これは、ネット上に掲載されていたケースを若干加工したものです)。

Aさん(30代・男性)には、軽度の知的障害がありました。就労移行支援事業所を利用して、1年後に、大手製造業に就職しました。

働き始めたAさんは、めきめき力をつけ、1年後には正社員に抜擢されました。ところが、就職後3年目ころから生活が乱れ始めました。クレジットカードを作り、高価なものを買い始めたのです。既に、Aさんは車やバイクを、Aさんの妻は高価な時計やアクセサリーを買っています。ローン生活が始まり、返済におわれるようになりました。

これが勤務先の労働組合の知るところとなり、支援機関に相談があったので、関係者が集まって対策を検討しました。その結果、生活を立て直すため、司法書士に入ってもらい自己破産の道を選択することになりました。現在は社会福祉協議会の日常生活自立支援事業を使って金銭の管理をしてもらっており、勤務先には今も継続して雇用されています。

Aさんは、今後、どのようなことに気をつけて生活したらいいでしょうか。

さあ、あなたならどのように考える?

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)