こんなこともあるわさ。のんびり行こう!

投稿者: | 2018年8月16日

「○○町のAだけどね」

 電話口の向こうで、声の感じから80歳は超えていると思われるその老人は、こう自己紹介をした。

 電話でいきなりそう言われても、すぐに思い当たる顔は浮かばない。「Aさん、下のお名前は?」と聞いてみたものの、下の名前を聞いても思い当たる人物はいない。勇気を出して「あのー、失礼ですが、私の事務所でAさんのこと、どのような依頼を受けていましたっけ?」と聞いてみる。

「そうだなあ、20年ぐらい前かなあ。あんたのお父さんにいろいろやってもらったよ」

 そういうことか。父も司法書士をしていたが3年前に他界した。それに、20年前というと私と父は別の事務所を構えていたので、私がAさんのことを知るわけがないのだ。

「そうでしたか。それはお世話になりました。当時は別の事務所を構えていたものですから存じ上げませんでした。失礼しました。それで、今日はどのようなお話ですか?」

 私は、電話をいただいた趣旨を何回か聞こうとしたが、「土地をどうしたらいいのか」、「なかなか説明するのが難しい」と繰り返すばかりだ。とにかく、一度家に来てほしいというのだ。

 お年寄りのようだし、物事を整理して話をすることもあまり得意ではなさそうだ。それに、以前父が仕事をした相手だけに無碍な対応をするわけにはいかない。

「わかりました。いつ頃がよろしいですか?」

「息子がいた方かいいから、夜8時頃にしてほしい」

 夜8時? まあ、乗り掛かった舟だ。それに、○○町と言えば高級住宅街。○○町のAさんという苗字なら、もともと大地主かもしれない。「息子がいた方がいい」というぐらいだから、遺言を作りたいとか相続対策をしたいという話だろう。○○町は車で20分ぐらいのところだ。いずれにしても、夜8時に行っても、それなりの仕事になる話だろう。親子ともども、ありがたい話だ。

 数日後、カバンの中に、事務所で使っている遺言の説明書や相続関係の打ち合わせシート、委任状類を詰め込んで、Aさんの家に伺った。なるほど、道路側は大きな岩で石垣を組んだ立派な構えの家だ。

 Aさんが玄関まで出迎えてくれ、中に案内してくれた。広い玄関から応接室に通され、ゆったりとしたグリーンの革張りのソファに座る。

 壁に掛けられた大きな肖像画がこちらを見ている。金色に輝いて半周回ると逆方向にまた半周回る時計の振り子のような飾りが音もなく動き続けている。キャビネットには年代ものの洋酒の瓶が鈍く光っている。いかにも昭和の時代に成功した証を残した応接室だ。

 いきなり本題に入るよりもお互いにリラックスした方がいいと考え、父が世話になったことなどをAさんに話しかけた。すると、Aさんは、「そんなことどうでもいい」と言わんばかりの勢いでいきなり本題を切り出した。

「あの塀、白く塗ってもいいかね」

Aさんは、窓から見える隣の家との境の塀を指さして私の顔をのぞき込んだ。

「え、へい? ですか?」

「いいって言ってくれれば隣の人に「司法書士がいいって言った」って言えるからね」

 ど、どういうことだ。遺言とか相続の話ではないのか。そういえば、息子は部屋に入ってこない。へい? ひょっとして、境界の問題の話なのか・・・。

「塀って、あの塀は境界のこっちですか、向こう側ですか、それとも境界上に建てた塀ですか? その塀は誰が作ったんですか?」

 いろいろ聞いてみたが、Aさんの説明は要領を得ない。そこで、「ちょっと塀を見せてくれますか」と言ったものの、一体どういう話に展開していくのか想像がつかない。

 Aさんと二人で花壇に生えた花を避けながら塀にたどりついた。どうも、この塀は隣家の敷地内に隣家が築造したもののようだ。コンクリート打ちっ放しだが、そこそこ年数が経過しているようであり、全体的に黒ずんでいる。

「せっかくの花壇の花が黒ずんだ壁で台無しだ。白く塗ればきっと花もきれいに見えるはずだ」

「そりゃそうかもしれないけど、隣の人の壁だから、勝手に塗るのはダメでしょ。」

 私がなだめるように話していると、奥から息子さんらしき人が声をかけてきた。

「じいじ。あれほどダメたって言っただろ。先生、どうもすいません」

「え、ええ?」

 なんとなく察しがついた。Aさんは不服そうな顔をしてうつむいてしまった。
 そういうことだったのか。昼間に呼んでくれれば「今のままの方が花がくっきり見えるから、絶対いいよ」と言ってあげたのに。

 家に帰って脱いだ靴には花壇の土がベットリついていた。

 こんなこともあるわさ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)