司法書士の債務整理の歴史と実務の変遷

司法書士の債務整理の歴史と実務の変遷

 2020年3月7日、静岡県内の司法書士試験合格者に対し、司法書士の債務整理の歴史と実務の変遷について4時間お話をさせていただきました。さすがに私の経験した30年間を話すには全く時間が足りませんでしたが、平成元年試験合格の私が令和元年試験合格の皆さんに30年の経過をお話させていただく機会をいただき、ひとつの区切りになったような気がします。せっかくの機会でしたので録画させていただきましたので、ここに記録に残しておきたいと思います。

古橋清二

何のために司法書士になるのか

それは初めての借金相談から始まった

借りたら返すのが当たり前という単純な問題ではない

四面楚歌の中での救済活動

判例を勝ち取るなど、法律家としての喜びも

静岡で初めてのクレサラ110番開催へ

みなし弁済と取引履歴開示の闘い

ヤミ金融との闘い ヤミ金口座の差押えも

システム金融 特定調停法の施行 商工ローン問題 調停前の事前の措置で手形を止めろ

民事再生で施行と同時にスタートダッシュ!

司法書士法改正で簡裁代理権を取得し、徹底的に引き直し計算を

上場サラ金初の倒産、クレディアに対する過払金守れ!

原点に戻れ! 借金は命の問題だ!

具体的な事例を考えてみよう。どんな方法で救済できるか

破産法をしっかり理解して職業的専門家になれ